1. Home
  2. イベント・講座情報
  3. R2/1/25 「いつか」ではなく「いま」備える!障がいのある人と家族のための防災セミナー(全3回) 

R2/1/25 「いつか」ではなく「いま」備える!障がいのある人と家族のための防災セミナー(全3回) 
   第1回「大規模災害をリアルに考える~福祉避難所を体験してみよう!~ 」

開催日 2020年1月25日
令和2年1月25日(土)13:00~16:00(開場12:30~)
★学習会後半に参加者で福祉避難所体験グループワークを行います!
開催場所 大和郡山市
開催場所住所 奈良県大和郡山市高田町92−16
開催場所URL https://www.city.yamatokoriyama.nara.jp/facilities/main/community/000878.html
開催場所 大和郡山市立市民交流館3階会議室
アクセス方法 JR郡山駅東口出てすぐ
イベント種類 研修会・講座
イベント内容 令和2年(2020)年、最初の主催学習会のテーマは『防災』!全3回の学習会を開催します。
令和の幕開けの2019年 は台風15号、19号による大規模停電・洪水による甚大な被害や全国各地での地震、火山活動等数々の災害がありました。
2011年の東日本大震災、2016年の熊本地震の被災地では、自閉症等のご家族のいる多くが「迷惑をかける」と避難所を利用しなかったといわれています。
障がいのある人や介助が必要な高齢者にとって、避難生活はより過酷なものになります。
「福祉避難所」とは災害時において、高齢者や障害者、乳幼児など、一般の避難所生活において特別な配慮を必要とする方々を対象に開設される避難所です。
全3回の防災学習会、1月25日開催の第1回は、グループで福祉避難所の運営者になりきって、次々やってくる避難者やイベントに対応するシミュレーションゲームを体験します。
共同生活となる避難所で、特別なケアの必要な人を受け入れるには、どのような知識や考え方が必要かを避難者を受入れるシミュレーションによって学んでいきます。
今年は関東を中心にひどい災害が続きました。奈良は台風もそれ助かりましたが、南海トラフ地震が起こればタダでは済まないでしょう。
南海トラフで被災地が全国広範囲に及んだ場合、「国民総被災者」状態では支援もなく、長期間自分達でなんとかするしかない、という状態になるのではないか、そんな時に自分の家族、地域の人を守れるのか、と恐れています。
一人一人がせめて自分や自分の家族を守る準備をすべきだという、気づきになれば、と学習会の開催をきめました。南海トラフ地震が待ったなしの「いま」、備えの大切さを一緒に学びませんか?
対象者 障害児・者の防災に興味がある方(当事者・ご家族・福祉や行政関係者・民生の方、その他一般の方もご参加いただけます)
定員 50名(保育サービスはありません)
参加費 あり
参加費詳細 お一人1500円(第1回分・資料代)
申し込み方法 電話、FAX、E-mail
この学習会は事前予約制です。お席に限りがあるため、参加ご希望の方は上記に必要事項をご記入の上、FAXか、メールでお申し込みください。(お電話での申し込みも可)
申し込み締切日 開催日前日まで受付。ただし、申し込みが定員に達し次第受付終了とします。
連絡先 〒 630-8001
奈良市法華寺町1番地の5 奈良バイパスビル2階
TEL: 05035791642
FAX: 0742-30-6361
あかるいみらい準備室
担当者: 山口まゆみ(あかるいみらい準備室 代表/行政書士・終活カウンセラー・ファイナンシャルプランナー)
ホームページ http://akarui-mirai.net/
E-mail oyanakiato@akarui-mirai.net
メッセージ ※お申し込み時にいただいた情報については、当窓口『プライバシーポリシー』に基づき適正に管理し、学習会における参加者の管理や名簿作成など、本事業の目的のみで使用致します。
画像1
画像2
情報登録(更新)日 2019年12月02日
登録者 あかるいみらい準備室