1. Home
  2. 団体検索
  3. 青少年自立援助センターブルーム

青少年自立援助センターブルーム

更新日:2016-07-28

団体名 青少年自立援助センターブルーム
(せいしょうねんじりつえんじょせんたーぶるーむ)
代表者役職名 理事長
代表者名 小川隆司
(おがわたかし)
組織形態 NPO
団体設立年月 1994年4月
法人設立年月 2003年7月
連絡先住所 635-0035
奈良県内か否か 奈良県内
市町村名 大和高田市
市区町村以下 旭南町1-40
連絡先TEL 0745-21-4771
連絡先FAX 0745-52-6918
担当者名 小川
ホームページアドレス http://npobloom.com
メールアドレス info@npobloom.com
主たる活動分野 子どもの健全育成
従たる活動分野 子どもの健全育成
支援の対象 ひきこもり・不登校・非行・ニート等の諸問題を抱える青少年を対象
設立の経緯 青少年の不登校・ひきこもりが社会問題として認識されてから久しく、平成13年度の不登校を理由として年間30日以上欠席した小中学校児童生徒数は、児童生徒総数が減少しているにもかかわらず、前年度を4千人も上回り13万8千人を超え(平成14年度文部科学白書より)この増加傾向は今後も続くものと思われます。また、ひきこもりも130万とも150万ともいわれており、さらに長期化・高年齢化が問題となっている現況があります。25歳以下の失業率は約10%と他の世代を大幅に上回り、平均の2倍、一般に深刻に受け止められている中高年層の失業率の約3倍と、社会全体の大きな損失となっています。社会参加のできない青少年もこの失業状態に含まれているわけです。
平成6年4月に青少年の健全育成・社会的自立支援を目的として「トトロ学園」は任意団体として設立されました。代表が10代の頃経験した不登校と社会生活の著しい停滞やそれに伴う内的葛藤などから、自立に向けて行動していく際に得られた様々な援助を、今度は提供する立場としてサポートしていきたいと考えた為です。以降、個人的な活動からより広範囲・多岐に渡って展開し、「不登校・ひきこもりを考える会」や「講演会」の開催、個人相談・家庭訪問指導、ボランティアによるふれ愛フレンド(メンタルフレンド)活動を行ってまいりました。また、不登校、ひきこもり等の青少年がその状況から脱却する機会を提供し、かつ、社会的自立を援助する活動として、共同生活のために代表の自宅を開放し、自立に向けての就労支援(有機農法による畑作業や清掃、建築業や便利屋業等の就労訓練による支援活動)を行っております。
しかしながら上記諸問題の解決にあたる社会的意義の重要性・社会的ニーズの大きさを深く感じるとともに、個人の、一任意団体としての限界を痛感するようになり、この度、特定非営利活動促進法に基づく法人申請を行い、「トトロ学園」を母体として、トトロ学園代表とスタッフ及びボランティア、並びにトトロ学園の活動に賛同する一般関係者からの有志が設立人となって、その総意に基づき社会全体の青少年が各人の個性に応じた社会的自立の機会を獲得することに寄与することを目的として、特定非営利活動法人青少年自立援助センターブルームを設立することとしました。「一度きりの人生、自分なりの花を咲かせていこう」という思いを込め、「開花」の意味を持つブルームを法人名と致しました。
この法人設立後、この趣旨に賛同する多くの方の支援・参加を得、社会全体の宝である若い世代の力を社会に還元すべく貢献していく所存でございます。
活動目的 不登校、ひきこもり等に対して、不登校、ひきこもり等の状況から脱却する機会を提供し、かつ、社会的自立を援助する活動として、基本的な生活習慣の習得、社会参加上重要な共同生活、共同作業等の基礎訓練を行う場、及び模擬的な就業体験の場などを提供するとともに、青少年の保護者へのカウンセリングに関する事業を行い、青少年が各人の個性に応じた社会的自立の機会の獲得に寄与すること、青少年健全育成を目的とする。
活動内容詳細 ◎基本的な生活訓練
社会参加する上で最低限必要な事項の習得(挨拶、時間・約束を守る等)
共同作業を通じて自発性・協調性や連帯感、参加者間やスタッフとの信頼を築く。

◎就労訓練
・就労・職業の基礎訓練と技術の習得
・町の美化清掃・草刈りなど美化作業
(トトロ学園:NHK厚生文化事業団わかば基金より助成
清掃道具・機材一式購入)
・町の事業主さん・商店さんのもとで就労体験

◎学習支援
自主学習が基本。進学・復学に向けて、また通信制・単位制高校のサポート

また自宅から外出することが困難な場合、家庭訪問を行う。
当事者や保護者を対象として、勉強会・相談会を開催。

放課後等デイサービス(フリースクール型):よよこ~クラブ大和

活動地域 県内全域、主に近畿エリアで活動、近畿エリア以外
会員募集の有無 あり
会員募集の詳細 収益事業や寄付金・会費による限られた資金の中で運営しており、ブルームの運営をスムーズに行う為、また、将来的に各地に自立援助施設を確保する為に、皆様のご協力ご援助を賜りたく
会費の額 会員入会金 3,000円 会費年額5,000円ユーザー会員入会金 3,000円 会費年額 5,000円賛助会員入会金 無料 会費年額 4,000円ボランティア 特別会員・名誉会員入会金&会費年額 無料
活動日 曜日:毎日
頻度:
時間帯:午前・午後・日中・夜間
会員数 ■正会員
 【個人】12 名
(2005年 7月現在)
会員構成の特徴 中心となる世代:勤労者・学生
男女比:  2:8
代表者からのメッセージ 「一度きりの人生、自分なりの花を咲かせていこう」という思いを込め、「開花」の意味を持つブルームと名をつけました。当団体に来る子どもと一緒にみんな花を咲かせてもらいたいです。
ボランティアへのメッセージ 当団体では、不登校・ひきこもり・ニート・非行青少年を共同生活・社会生活を通じて社会的自立を支援しています。そんな活動にボランティアとして共感、協力していただける方を募集致します。どの形態のボランティアであれ、正規スタッフと業務の違いはありません。ただ、支援活動の中で、目的や目標、興味に応じて担当していただく活動内容は考慮致します。