1. Home
  2. 団体検索
  3. 一般社団法人 障がい者の明日を考える会

一般社団法人 障がい者の明日を考える会

更新日:2018-05-31

団体名 一般社団法人 障がい者の明日を考える会
(いっぱんしゃだんほうじん しょうがいしゃのあしたをかんがえるかい)
代表者役職名 会長
代表者名 荒牧功一
(あらまきこういち)
組織形態 その他
組織形態その他法人 一般社団法人
団体設立年月 2017年6月26日
法人設立年月 2017年6月26日
連絡先住所 813-0034
奈良県内か否か 奈良県外
市町村名 福岡県福岡市
市区町村以下 東区多の津4-17-5 (一社)障害者自立支援協会内
連絡先TEL 070-6994-3701
連絡先FAX 092-260-7427
担当者名 荒牧功一
ホームページアドレス http://shogaishaashita.org/
メールアドレス info.shogaisha@gmail.com
主たる活動分野 福祉
従たる活動分野 保健・医療、福祉、人権・平和
支援の対象 1、身体、精神、療育の障がいをお持ちの方
2、特定疾患認定者
3、生活困窮者 他
設立の経緯 一般社団法人障がい者の明日を考える会は、2008年12月に設立した一般社団法人障害者自立支援協会の10年間にも及ぶ活動実績を基に、障がいがある人が「普通」に暮らせる社会を創ろうと、2017年6月に法人を設立致しました。

障がいを持っている人は、全国に約860万人いると言われています。
障がい者や家族の皆さんは、色々な課題を抱えて困っています。
・働きたくても働けない
・障害年金だけでは生活できない
・賃金が安くて生活できない
・障がいに合った就労の場が無い
・1人暮らしで心配
・親亡き後の子供が心配
・差別的な処遇や暴言がある
など、たくさんの課題があります。

当会は、
・障がい者や家族が困っている課題
・障がい者が本当に自立出来る環境が無い
・障がい者が色々な不利益や不公平を被っている
などの問題を解消し、障がい者や家族がが安心して暮らせる社会を創ろうと考えています。
活動目的 (一社)障がい者の明日を考える会は、障がい者が自立できる環境を創造し、障がい者が安心して暮らせる社会を創ることを目的としています
活動内容詳細 【事業内容】 
①障がい者生活支援金制度
 ・チャリティコピー機
 ・募金自動販売機
②障がい者や家族の困りごと相談
 ・障害年金相談
 ・生活保護相談
 ・保険信託相談
③啓発活動
 ・セミナー
 ・講演会

障がい者生活支援金制度
障がい者や家族では、生活に困っている人達が多い様に思います。そういう人達の生活が少しでも安定するように、「障がい者生活支援金制度」を創りました。
この制度は、障がい者の家族、支援者などが出来ることをして、働けない障がい者の人達を支援する制度です。
特定の人に負担を強いる補助金や寄付は、永続きは決してしないと思います。皆が負担を感じない範囲で、障がい者の人達を支援するような制度が必要だと思います。
①チャリティコピー機
②募金自動販売機

詳しくはこちらをご覧下さい。
http://shogaishaashita.org/policy/

活動地域 県内全域、近畿エリア以外
会員募集の有無 あり
会員募集の詳細 「障がい者生活支援金制度」

詳細はこちらをご覧下さい。
http://shogaishaashita.org/policy/
会費の額 必要ありません。
活動日 いつでも結構です。
会員数 ■正会員
 【個人】5 名
 【団体】2 団体
(2018年 5月現在)
会員構成の特徴 1、身体、精神、療育の障がいをお持ちの方
2、特定疾患認定者
3、その他
有給常勤スタッフ数 ■有給常勤スタッフ数 1 人
■有給非常勤スタッフ数 3 人